So-net無料ブログ作成
検索選択

<韓国哨戒艦沈没>拉致家族会などから北朝鮮追加制裁の声 (毎日新聞)

 韓国哨戒艦沈没事件で、北朝鮮による魚雷攻撃が原因とする調査結果が公表されたのを受け、北朝鮮による拉致被害者の関係者からは、北朝鮮に対する追加制裁を求める声が上がった。

 拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(71)は「北朝鮮がテロ国家であることを改めて示した」と批判。そのうえで「日本政府による制裁強化が拉致問題だけでは難しいというなら、この事件を機にもっと強い制裁を科すべきだ。米国にも、テロ支援国家に再指定することを望みたい」と語気を強めた。

 増元照明・同会事務局長(54)は「拉致問題に進展がないまま、対北朝鮮制裁だけが安易に解除されることを強く懸念していた。北朝鮮は制裁で追い詰めなければ動かない。日本政府はこの認識に基づいて対応を考えるべきだ」と話した。

 家族会や支援団体の「救う会」は先月、東京都内で開かれた全国集会でも、政府に北朝鮮への送金と人の往来の全面停止を求める決議を採択している。【合田月美】

【関連ニュース
<関連記事>韓国哨戒艦沈没:北朝鮮「捏造」と反発、調査団派遣へ
<関連記事>韓国哨戒艦沈没:鳩山首相「北朝鮮の行動は許し難い」
<関連記事>韓国哨戒艦沈没:中国外務次官が冷静な対応呼び掛ける
<関連記事>韓国哨戒艦沈没:北朝鮮魚雷が原因 合同調査団が断定
<関連記事>韓国哨戒艦沈没:「確実な物証」李大統領、鳩山首相に

<秋葉原ホコ天>7月末にも再開へ 無差別殺傷事件で中止に(毎日新聞)
首相動静(5月25日)(時事通信)
YUKI 4作連続首位でJUDY AND MARY時代の記録を更新、イベントの開催も!
<小沢氏>特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問(毎日新聞)
角膜を親族優先提供 50代夫から妻に 改正移植法で初(産経新聞)

H2A 金星探査機「あかつき」搭載し発射場へ 種子島(毎日新聞)

 鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから18日早朝に打ち上げられる日本初の金星探査機「あかつき」を搭載したH2Aロケット17号機の機体が17日、発射場に移動した。燃料充てんなど、打ち上げに向けた最終段階に入る。

 午前6時すぎ、大型ロケット組み立て棟から、全長53メートルの大きな機体が姿を現した。移動発射台に乗せられ、約500メートル先の発射場まで約20分かけてゆっくりと運ばれた。

 機体先端部には、金星の大気を調べる「あかつき」の他、太陽光の圧力で航行する宇宙ヨット「IKAROS(イカロス)」を載せている。さらに、15号機以来となる公募による小型副衛星4基が「相乗り」する。

 打ち上げは18日午前6時44分14秒の予定。【川島紘一】

【関連ニュース
雑記帳:宇宙ロボット・まいど君…東大阪の組合が開発構想
余録:「あかつき」打ち上げへ
日本版GPS:衛星1号機「みちびき」公開 今夏打ち上げ
金星探査機:「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開
H2ロケット

改正金商法が成立(時事通信)
介護職員の医療行為、特養以外にも拡大へ−長妻厚労相が法改正検討(医療介護CBニュース)
京王線で人身事故、ダイヤに乱れ(読売新聞)
林葉直子さん、15年ぶり将棋復帰(スポーツ報知)
医師偽った女逮捕=採用し勤務直前−不足に悩む県立病院に・岩手県警(時事通信)

法被姿で歌舞伎祭アピール=石川県小松市〔地域〕(時事通信)

 石川県小松市は、13〜16日に行われる伝統のお旅まつりと全国子供歌舞伎フェスティバルを盛り上げるため、市職員がイメージキャラクター入りの法被を着て準備に励んでいる。
 これまでは、えんじ地に「小松曳山」とプリントされた法被だけだったが、今年は市制70周年を記念して制定したゆるキャラ「カブッキー」を背中にプリントした新しい法被も作製。庁内業務だけでなく、外での打ち合わせやイベント会場などでも着用しているという。また、来庁した市民を案内する係の職員らも一部着用している。
 フェスティバル期間中に法被着用で業務を行うのは、2000年度の第2回から続く恒例行事。観光政策課の職員は「肩が突っ張らないのでスーツより動きやすい。カブッキーの認知度も上がれば」と張り切っている。 

【関連ニュース
〔地域の情報〕「萌えキャラ」電車、出発進行=北陸鉄道石川線
〔地域の情報〕400年前の旋律再び=仙台市
〔地域の情報〕県内コマーシャル曲のCD発売=沖縄県
〔地域の情報〕鬼太郎の住民票交付、1万人突破=東京都調布市
〔地域の情報〕タコ箱漁オーナー募集=北海道

東京・大阪で、若さの栄養学協会講演会(医療介護CBニュース)
<詐欺>警察官名乗りカードを詐取 100万円被害 奈良(毎日新聞)
<茨城男児遺体>体に複数の打撲痕(毎日新聞)
郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)
<茨城男児遺体>体に複数の打撲痕(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。