So-net無料ブログ作成

小中学生の患者比率が3割超に―新型インフル(医療介護CBニュース)

 新型インフルエンザの患者に小中学生が占める割合が3割超にまで増加していることが1月29日、厚生労働省のまとめで分かった。小中学生に当たる5-14歳がインフルエンザの推計患者に占める割合は、18-24日の週は35.4%となり、前週から約10ポイント増加した。健康局結核感染症課の中嶋建介・感染症情報管理室長は29日の記者会見で、「学校での流行と呼応するものではないか」と指摘した。

 全国の推計患者数は約48万人で、前週と変わらなかったが、5-9歳の推計患者数は10万人(前週比3万人増)、10-14歳は7万人(同2万人増)だった。

 一方、成人が推計患者に占める割合は41.7%となり、前週の52.1%から10ポイント以上減少し、5割を下回った。


【関連記事】
インフル定点9.03、8週ぶり増加
小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル
成人の推計患者数が増加―新型インフル
インフル患者、20歳代以下で減少−感染研
「秋の流行」はピーク過ぎた―新型インフルで厚労省・中嶋室長

日航のハイチ支援 ツイッター後押し(産経新聞)
首相演説「労働なき富」に共産委員長が皮肉(産経新聞)
3大都市圏の人口集中止まる…仕事・異動減り(読売新聞)
正座1時間、平手打ちなど15回…小1虐待死(読売新聞)
【科学】強度こんにゃくの500倍 東大が水分98%の新物質開発(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。